使いやすいキッチンレイアウトについて

お問い合わせはこちら

使いやすいキッチンレイアウトについて

使いやすいキッチンレイアウトについて

2021/09/01

使い勝手の悪いキッチンは、料理をする気分になれず家事がはかどらないですよね。
家のリフォームの中でもキッチンリフォームはとくに人気で、レイアウトを大きく変える人も少なくありません。
そこで今回は、使いやすいキッチンレイアウトについて解説していきます。

使いやすいキッチンレイアウトについて

ワークトライアングルを意識する

ワークトライアングルとは、冷蔵庫やパントリー、シンク、コンロの3つを結んだ距離のことです。
この距離はキッチンの効率性を考えて割り出されたもので、それぞれの距離は1.2m以上が理想とされています。
ただ、ワークトライアングルは1人でキッチンに立つことを前提としているので、家族と一緒に料理をする場合はもう少し余裕のある配置にするのがおすすめです。

ゴミ箱の位置も重要

ワークトライアングルにゴミ箱は含まれていないので忘れがちですが、料理をしていると頻繁にゴミ箱を使いますよね。
ゴミ箱が作業台から遠いと、毎回ゴミを捨てるのに手間がかかり、床に水滴が落ちてしまうこともあります。
そのため、できればシンク下にゴミ箱を設置して作業しやすい環境にしましょう。

電子レンジも動線に加えるべき

これは家庭によって変わりますが、電子レンジを使う機会が多い場合は電子レンジも動線に加えるのがおすすめです。
ちょっと食材を解凍したいときや下ごしらえしたいときに電子レンジが遠いとプチストレスになるので、作業台からすぐ使える位置に配置しましょう。

まとめ

キッチンのレイアウトには悩んでしまいますが、ワークトライアングルや動線を意識して考えると良いでしょう。
キッチンのレイアウトを変えたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。